オンラインブラックジャック

ベットが少なければ少ないほど、勝ったときに負ける

今すぐゲームを入手

ブラックジャックについて

チャレン

ブラックジャックは真に象徴的なゲームであり、カジノの究極の挑戦です。 運とギャンブルだけでなく、戦略、忍耐、勇気についても慎重に検討する必要があります。

ゴール

ブラックジャックの目標は21に近づくことではなく、ディーラーに勝ち、できるだけ多くのお金を獲得することです。

今予約する!

ゲーム戦略

保険のボタンは絶対にしないでください、それは負け犬の賭けです。

特にディーラーが7以上の場合、17に達するまでほとんど常にヒットします。

ブラックジャックディーラーに4、5、または6がある場合は、チャンスをとらないでください!

彼らはバストする可能性が最も高いです。 あなたが確実にバストしないなら、これらの状況で手を倍にしてください。

このようなヒントについては、右下のアドバイスをオンにしてください!

ブラックジャックのプレイ方法

1. $ 1からオールインに賭けます。
2.ディーラーはあなたに2枚のカードを渡し、彼のカードの1枚を見せます。
3.同じ価値のカードを2枚受け取った場合、ヒットするか立つ前にいつでもベットを2倍にして、ベットを分割できます。
4.「ヒット」を選択してカードを追加するオプションがありますが、カードの価値が21を超えると自動的に失われます。
5.ハンドをプレーする準備ができたら、「スタンド」をクリックします。
6.ディーラーは隠しカードを公開し、16以下の場合は常にヒットする必要があります。 17以上ある場合、ヒットを停止します。
7.カードの合計値がディーラーの値よりも大きい場合に勝ちます

ゲームの詳細

ギャンブラーの幸運を祈って、このブラックジャックの無料オンラインバージョンをお楽しみください

季節のブラックジャックゲーム

24/7ブラックジャック

ブラックジャックは、21としても知られていますが、最も人気のあるカジノゲームの1つであり、非常に簡単に学ぶことができます! この使いやすいシンプルなブラックジャックゲームは、間違いなくWeb上の新しいお気に入りになります

スプリングブラックジャック

クラシックな春のブラックジャックにこの季節のひねりを加えて、ブラックジャックへの愛を育てましょう! ディーラーと一対一でプレイして、リアルマネーを失うことなくカジノスキルを磨きましょう

サマーブラックジャック

今年の夏、最もクールなブラックジャックゲームであるサマーブラックジャックで暑さを克服しましょう! 夏のブラックジャックには、楽しい水をテーマにした背景に最高のサマータイムカードがすべて揃っており、キュービクルで立ち往生していても、ビーチやプールの夢を見ることができます

ブログから最新

All you need to know about childhood illnesses

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed tu istuc dixti bene Latine, parum plane. Hoc etsi multimodis reprehendi potest, tamen accipio, quod dant. Duo Reges: constructio interrete. Quasi vero, inquit, perpetua oratio rhetorum solum, non etiam philosophorum sit.

Iis igitur est difficilius satis facere, qui se Latina scripta dicunt contemnere. Id mihi magnum videtur. Itaque sensibus rationem adiunxit et ratione effecta sensus non reliquit. Et quidem iure fortasse, sed tamen non gravissimum est testimonium multitudinis. Huius, Lyco, oratione locuples, rebus ipsis ielunior. Non igitur potestis voluptate omnia dirigentes aut tueri aut retinere virtutem.

Hoc loco tenere se Triarius non potuit. Non quam nostram quidem, inquit Pomponius iocans; Cur fortior sit, si illud, quod tute concedis, asperum et vix ferendum putabit? Quid, de quo nulla dissensio est? Sed residamus, inquit, si placet. Quid ad utilitatem tantae pecuniae?

Broken hand – diagnosis and treatment

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Sed quanta sit alias, nunc tantum possitne esse tanta. Itaque eos id agere, ut a se dolores, morbos, debilitates repellant. Quae cum essent dicta, finem fecimus et ambulandi et disputandi. Quem si tenueris, non modo meum Ciceronem, sed etiam me ipsum abducas licebit. Duo Reges: constructio interrete. Tum Piso: Quoniam igitur aliquid omnes, quid Lucius noster? Ille vero, si insipiens-quo certe, quoniam tyrannus -, numquam beatus; Atqui iste locus est, Piso, tibi etiam atque etiam confirmandus, inquam; Non potes, nisi retexueris illa. At hoc in eo M.

Fortasse id optimum, sed ubi illud: Plus semper voluptatis? Nullis enim partitionibus, nullis definitionibus utuntur ipsique dicunt ea se modo probare, quibus natura tacita adsentiatur. Innumerabilia dici possunt in hanc sententiam, sed non necesse est. Re mihi non aeque satisfacit, et quidem locis pluribus. Si qua in iis corrigere voluit, deteriora fecit. Sint ista Graecorum; Sed quot homines, tot sententiae;

Quod autem meum munus dicis non equidem recuso, sed te adiungo socium. Ex quo intellegitur officium medium quiddam esse, quod neque in bonis ponatur neque in contrariis.

Preparing for surgery? What you need to know

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Omnia peccata paria dicitis. Re mihi non aeque satisfacit, et quidem locis pluribus. Quamquam te quidem video minime esse deterritum. Qui ita affectus, beatum esse numquam probabis; Duo Reges: constructio interrete.

Multoque hoc melius nos veriusque quam Stoici. Atque ego: Scis me, inquam, istud idem sentire, Piso, sed a te opportune facta mentio est. Tu vero, inquam, ducas licet, si sequetur; Plane idem, inquit, et maxima quidem, qua fieri nulla maior potest. Scaevola tribunus plebis ferret ad plebem vellentne de ea re quaeri. Quicquid porro animo cernimus, id omne oritur a sensibus; Sed fac ista esse non inportuna; Positum est a nostris in iis esse rebus, quae secundum naturam essent, non dolere; Ergo adhuc, quantum equidem intellego, causa non videtur fuisse mutandi nominis. Illis videtur, qui illud non dubitant bonum dicere -;

Ostendit pedes et pectus. Ego vero isti, inquam, permitto. Incommoda autem et commoda-ita enim estmata et dustmata appello-communia esse voluerunt, paria noluerunt. Ab hoc autem quaedam non melius quam veteres, quaedam omnino relicta. Eadem nunc mea adversum te oratio est. Ut alios omittam, hunc appello, quem ille unum secutus est. Omnes enim iucundum motum, quo sensus hilaretur. Traditur, inquit, ab Epicuro ratio neglegendi doloris. Videamus igitur sententias eorum, tum ad verba redeamus.